SONY DSC

題名

メッセージ本文

Address
〒231-0002
横浜市中区海岸通4-17
東信ビル9F

Phone
045-232-4744

Access
みなとみらい線「馬車道駅」6番出口徒歩2分
JR「桜木町駅」徒歩6分
横浜市営地下鉄「関内駅」4番出口徒歩7分
JR「関内駅」北口徒歩8分

Technology First

たまに反動で重心がビジネスモデルやコンテンツに振れるネット業界ですが、何はともあれ技術イノベーションなくして常識が常識でなくなるような破壊的な社会変革は起こせません

Computer First

コンピューターに雑務を任せるからこそ、素晴らしいアイデアが降りてくる土壌を作れます。雑務に追われて仕事をした気になるのはスタートアップにとって最も厄介な病気なんです

Dinner First

腹が減っては・・・ではなくて、イノベーションはあくまでヒトの社会の尺度のお話。だから夕食くらい積極的に飲んで食べて、世間様とコミュニケーションをはかるのが大切なんです

Discussion First

議論はスタートアップの血液。空気を読まずに発言してこそのイノベーション。新卒から最長老まで20歳以上の年の差をモノともせず、今日もまたいつもの激しい議論が始まります

話題のARパッケージ
ar

ARを活用したアプリケーション事例

未来ボックスでは3Dに対応したAR技術開発ソリューションを用意しており
現実の世界にキャラクターを浮かび上がらせたアプリケーションの作成事例も複数あります。

表現性の高いAR空間を低コストで

UnityプラットフォームにQualcommのVuforiaライブラリを利用したAR認識技術を統合することで、動的マーカーの追加を始め、3Dを多用した表現性の高いAR空間をフルスクラッチ開発に比べ低コストで作り出すことが可能です。

マイクロスポット情報を位置連動ARアプリなどに向けて提供開始

2016年秋より未来ボックスが提供を開始する
マイクロスポット情報を提供するデータメディア「 spot japan 」 

位置連動ARサービスの登場により、毎日通っている道端のささいな”マイクロスポット”にも注目が集まるようになりました。
spot japanでは、未だ埋もれている各地のマイクロスポットを人々に「発見」してもらい、地方自治体や観光団体をはじめとする公的機関と協力し、良質なマイクロスポット情報をARサービス提供事業者に配信するデータメディアとして、今後も範囲を拡大していきます。

未来ボックスのAR事例

人気ゲームなどで話題の「AR技術」を駆使したサービスの立ち上げも、未来ボックスのパッケージで実現できます。

AR事例について

興味を持った方は、ぜひ話しましょう!

Search